ゆめいろ保育園

相模原市 JR相模原駅 ゆめいろ保育園は認可保育所として、子ども達の育成に貢献します。

保護者のみなさま、はじめまして。

園長ごあいさつ

「先生、おはよう!」今日も明るい子ども達の声で保育園の一日が始まります。 「今日のお昼ご飯はなに?」と朝から聞いてきたり、「○○ちゃんはまだ来ないかなあ・・」と大好きなお友達が来るのを楽しみにしている子どもを見ているとこちらも自然と笑顔がこぼれてきます。
もちろん、十分にお話ができない子ども達でもちゃんと自分の意思を伝えようとしてくれます。
そんな子どもたちと一緒にいるとたくさんの素敵な場面に出会うことができます。

自分よりも小さい子どもの世話をしてくれる子ども、自分が遊んでいるものでも「かして」と言われればすぐに「どうぞ」と貸してあげる子ども、泣いている子どもがいると「いーこ、いーこ」と頭を撫でてあげる子どもなど、みんなやさしい心、思いやりの心をいっぱい持っています。
それだけではありません。リズムに合わせてのダンスが上手な子ども、歌詞を覚えて歌を大きな声で歌える子ども、数字や文字を覚えて披露してくれる子ども、絵を描くのが上手な子どもなど、たくさんの才能を発揮しています。

私たちは保護者の方々と一緒になって、子どもたちのいろいろな可能性を見守り育みたいと願っています。保護者の方々が「ゆめいろ保育園に預けてよかった」と言ってもらえるような保育園を目指して、職員一同力を合わせ日々努力していきます。ぜひ一度お越しいただき、皆様の目で確かめていただければと切に願っています。




保育理念

思いやりの心、生きる力と可能性を芽を育てます。

保育目標

たっぷりと愛情を注ぐことで・・・
 お互いに思いやる心を育てます。

じっくりと遊ぶことを通して・・・
 豊かな感性や創造性の芽を育みます 。

ゆっくりと見守ることで・・・
 自主性を育みます。

ゆったりとした家庭的な雰囲気の中で・・・
 基本的生活習慣と健康を養います。




ゆめいろ保育園の特色


年齢別保育及び異年齢児保育を実施します

子どもたちが兄弟・姉妹として過ごせる時間を持つことができるように、年齢別の保育に加え、異年齢の保育で経験できることも考えながら、保育を実施しています。


少人数でクラス編成をします

子どもたちと先生の接触が多くなるように、クラスを3つに分けて子ども達に接しています。


ゆめいろキッズプログラムを通じて、色々な取り組みを行います

子どもたちの可能性を拡げるために、食育、体育、音育、創育、知育の5つの領域の内容を保育に取り入れています。

年間の行事を通して、楽しみと学びを提供します

正月、節分、ひな祭り、端午の節句、七夕、十五夜、クリスマス、ハロウィンなどに関連した行事を行い、日本の伝統や外国の風習に興味を持たせています。

遠足、夏祭り、運動会、作品展、お遊戯会、入・卒園式、お泊り会など、お友達といろいろな行事を楽しめるようにしています。


食育に取り組むことで、食に興味を持たせます。

給食では摂取カロリーや栄養素のバランスを考え、主食、主菜、副菜、汁物、果物を中心にした献立を作成しています。また、おやつも手作りのものを提供しています。

おかわりしたい子どもにはおかわりなど、食欲に応じた配慮をしています。

陶磁器製のお茶碗やお皿を使うことで本物の重み・感触を味わうことに加え、大切に扱うことを伝えています。

キッズクッキングを毎月行っています。


子ども達が健康・安全に過ごせるように、環境を整えます

午睡をする際には、コット(簡易ベット)を使うことで、寒さや暑さ、埃から子ども達を守っています。

除菌ユニットを組み込んだ空調機を4基設置しています。

冬は床暖房を使い、部屋を均一に温めるようにしています。

トイレ等の引き戸は指を詰めることがないよう工夫をしています。

2階の部屋は2重サッシになっており、騒音や寒さから子どもを守っています。

セキュリティはセコムに依頼しています。


ここをタップすると電話ができます
042-707-8357